クリームを塗る女性

美容も健康少しずつ変えていこう | 美容と健康は同じ意味、そう思うこの頃です

意外と自分にあっていないブラの女性多い!

意外と自分にあっていないブラジャーをつける女性が多いです。バストの形が悪くなります。

アンダーも時には計り直しが必要だし、前より太ってウエストくらいの長さになっている場合も多いです。

上はブラをつけた状態の時のバストだから、垂れたところは少し持ち上げて計らなければ実際に着用したときには、結構きつくなります。

あと、息を吸ったらまた2cmくらい長く必要なので、その2cmも足して計算します。それが正確な今のサイズです。

なので、自分に本当に合ったブラジャーをつけている人は意外と少ないんです…

形はすてきな形で胸を持っていたいじゃないですか?

こういう事はワコールや、トリンプなどが、気をつけて計るよう指示しています。


今ならインターネットでバスト表が見れるし、すぐにわかるようになっています。

女性の体は頻繁に変わるので、気をつけたいもの!

特にウエストもヒップも、昔と今では大違いのサイズになったりしていませんか?

女性は、どうしても中年からは太るので、サイズの計り直しはまめにした方がいいですよ。

あんまりしょっちゅうブラジャーを買い換えたくない人は、S・M・Lなど、アバウトに着用できるタイプのブラなら絶対安心です!大きい人は特に!


きっちりワイヤー付きで、カップサイズもきっちりしていると、あとですぐに痩せたりして、使いにくい部分もあるので、そこらへんは様子を見ながら買いましょうね。



ほくろは大阪のサクラアズクリニックですっきりしましょう!こちらでは綺麗になれる以上に、心がすっきりするほどサクラアズの方は優しく、丁寧な対応をしてくれるのです!ほくろで気になっている方はぜひ行ってみてほしいです!大阪のサクラアズクリニックで綺麗になろう!


やっぱりスキンケアに基本は洗顔

仕事柄、勤務時間が不規則なため睡眠時間や食事の時間もまちまちになってしまいます。深夜遅くまで仕事をし帰宅、メイク落としもそこそこに寝てしまうことも多いのでお肌の状態は最悪。疲れやストレスで吹き出物まで出来てしまいます。
なかなかエステに行く時間も取れないので、普段の生活の中で少しでも肌荒れを少なくしようと思い、スキンケアの基本、洗顔をしっかりすることと保湿を徹底するにしました。
メイクの洗い残しがあると毛穴が目立ったりくすみがちになります。以前はメイク落としもできる洗顔料を使っていましたが、今はジェルタイプのクレンジングでしっかりとオフします。
洗顔も以前は手で泡立てて、ササッゴシゴシって感じで洗っていたのですが、これも肌にはよくなかったのです。ちゃんと適量の洗顔料をネットで細かい泡になるまでしっかりと泡立てます。そして顔の中心から外側へくるくる、指が肌に当たらないように少し浮かして泡だけを転がすように洗顔します。泡を洗い流す時もお湯ではなく、冷たいと感じない程度の水で洗い流します。
タオルで拭くときも、拭くというよりタオルでポンポンと水分を吸い取るような感じにします。洗顔後はすぐに保湿成分のヒアルロン酸やアミノ酸などがたっぷりと入った化粧水、クリームで潤いを逃がさないようにします。
最初は少し面倒だなと思いましたが、1ヶ月ほど続けるとカサカサした感じやざらつきはなくなり、しっとり感が感じられるようになりました。毛穴の黒ずみもだいぶ消えたように思いますが、毛穴の広がった感じがもっとなくなるといいな、と思っています。
自分の鼻の高さや形を希望通りにしてもらいたいなら小鼻縮小の心斎橋コムロ美容外科へお越しください。必ず満足のいく結果を得ることができるでしょう。

水分は逃さない。アンチエイジング

アンチエイジングで一番重要なのは「保湿」だと思います。
常日頃から「保湿」に気を使っています。
室内には温度計プラス湿度計を設置し、常に室内の湿度を確認しています。
最適な湿度は、50%~70%なので、だいたい60%~70%に常に保つようにしています。
また、乾燥した場所に多く滞在していた時は、自宅の湿度は高めになるように加湿器を利用しています。
冬の加湿器は、暖かいミスとタイプを利用しています。
お湯が使えるタイプは、アロマオイルを入れることもでき、その時の気分や肌の状態などに合わせてアロマオイルを使い分け美容を意識しています。
さらに、乾燥により喉に違和感を感じる時は、喉用で加湿器に入れるタイプの薬を利用しています。
また、少しでも乾燥を防ぐため、入浴後はすぐに化粧水がつけられ、少しでも乾燥によるしわやたるみを防ぐため、化粧水を小瓶に分けて
脱衣場に置いてあります。
髪の毛を拭いたり、身体を十分に拭く前に、軽く体をふいた後はまず化粧水をつけるようにしています。
その後パジャマに着替え部屋に戻ると、さらに化粧水で水分を補給します。
ここで一息ついた後に、さらに化粧水を使います。手でパッティング行い、手が肌ともちっもちっとひっつく感触を感じるまで何度もパッティングを行うのがポイントです。

topics

ずぼら背中美容法

鏡を見ている女性

わたしは背中にニキビができないことと、背中のきれいさは誰にも負けない自信があります。 たまになんでそんなに背中がきれいなのかを聞かれたときに答えるのは、「何にもやっていないよ」と…

少しずつ変えていく

マッサージ

美容と健康は同じ意味、そう思うこの頃です。ということは、それなりの年齢になってしまったということでもあります。 昔は、やせたいために無理しても、それで体重計の数字が減れば…

疲れた胃腸には「中華粥」が最適!

美女

連日、外食続きで胃腸の調子が悪い・・・なんてことはないでしょうか?胃腸の不調は全身にあらわれますので、定期的にケアをしたいですよね。そんなときにおすすめなのが「中華粥」です。…

menu